Beautiful Wild Soul

東京で普通にオフィスで働いていたところから、偶然、馬を知り、引き込まれて仕事を辞め、馬を追いかけ予期せず点々とする日々に。東京(12年)→与那国島(1年)→カナダ(半年)→北海道(3か月)→再度カナダへ向けて準備中(今ココ)

Lady G

 

初めのころは、彼女の馬房に入ってブラシするのがすごく怖かった。馬房に入るとき、何度呼んでもお尻を向けて、100%拒否モードだし、それでも入るとブラシを持った瞬間にもう、目が完全に怒っている。しっぽはぱたぱた、後ろ足をバタバタさせて、常に動き回り、いつ足が回ってくるかいつも注意していなければいけなかった。足が来ないように、前の方にいると、今度は首が回ってきて、噛まれるのに注意しなくてはいけなくて、正直、朝のルーティーンのブラシの時間は、私にとっても彼女にとっても、いつも苦痛で一体どうすればいいのか、いつも探っていた。

 

もし、私が許されるなら、彼女にやってみたいことがいくつもあった。

違うブラシ(もっと柔らかいやつ)を使ってみるとか、朝じゃなくて、もっと違うタイミングで(彼女が一番リラックスしているとき)やってみるとか、違う場所でやってみるとか、ブラシの仕方を変えてみるとか、極端な話やめてみるとか。彼女の苦痛の原因を知りたかったし、永遠に代替法をトライしてみたかった。

でも、自分の馬じゃないから、できないんだな。

 

そんな時、自分の安全を少しでも確保したかったのと、そして、何より彼女に私は悪い人、敵じゃないと分かってほしかったから、彼女と何とか仲良くなろうとしていた。

一日の仕事がすべて終わって、あとは夜飼いを残すのみっていうとき、私は仕事が終わって一息ついて自分の部屋に戻る前、いつも彼女の馬房の前で彼女を手でブラシしていた。馬房の前に立ち、最初は目と目の真ん中を少しづつ触れるようになった。このころ初めて知ったけど、彼らはあまり触らせてくれない。今まで知っている馬はたいてい体のほとんどの場所を触らせてくれた。でも彼女は最初から触らせないオーラがあった。目と目の間でさえ、やっと触れるようになった。そこから毎日、だんだん触れる範囲を広げていった。でも少しでも耳の方や、首の嫌なところを触ると、噛むふりで威嚇。その動きの速いこと。でもその割には、痒い場所がある(いつも顎の下)と、首をがんがん伸ばしてきて掻いてほしそうにしているところが本当にかわいかった。動きが乱暴で、それが嫌だと私が伝えると、不服そうにしていたけど、私の気持ちは彼女は分かっているような気がした。私と彼女のリラックスした自然な意思の疎通がその時間にはあったと思う。そのうち、この時間の噛むふりは、ふりであって、噛まないと分かった。首、き甲まで触れるようになった。その時間になると、私を待つように、馬房の前に首を出して、私が入ってくる方向をいつも見ているようになった。ごはんも食べずに、私を待っているような姿がいつも強烈にかわいかった。

 

そんな彼女が、子供を産んだ瞬間に、激変してしまった。子供を産んだ直後にカリカリするのはたいていの馬がそうなのかもしれないけど、彼女の生き生きした個性はなくなり、200%母になった。自分の子供を守ること、育てること、が彼女の世界のすべてになり、個性的で乱暴でかわいい彼女はまるでどこかに行ってしまった。

 

こんな彼女を見ると、正直、複雑な気持ちになった。私から見ると、子供を産んで本来の彼女が100%いなくなったように思えた。本当の彼女が、母という存在にとって代わってしまった。もう前の彼女はもうどこにもいない。

なぜ複雑な気分になるかというと、彼女を見ていると自分を思い出すからだ。なぜか、産んだこともないけど、私も子供を産んだら、彼女のようになるだろう。私はそういうタイプだろう。誰かと付き合ったりして、誰かを強烈に好きになると、本来の私からかけ離れたタイプになってしまう。私はそういうタイプなんだ。残念なことに。

 

ちゃかちゃかした子供に振り回され、はらはらしながら追いかけまわしている彼女を見て、そんなことを思って複雑だった。でもきっと、私が彼女を見ていたのは、短くてもっと時間がたてば前の彼女が戻ってきたよね。そう思いたい。子供を産んでも、誰かと付き合っても、要するに何があっても、本来の私のままでいたい。できれば。

 

ps:彼女はヤンママで、スタイル抜群、がつがつしてて、乱暴で、表現がストレートで、食べ物にあまり興味がなくて、隠れた人懐っこさがあったよ~、だれがこんなかわいい子を好きにならないか。

 

www.instagram.com

↑放牧地で初めて近寄ってきてくれた時。この時は、ご飯の時間でもなんでもなくて、放牧地で作業する私を遠くからずっと見ていたのは知っていたけど、突然近寄ってきてくれた。私には挨拶に来てくれたように思えて、めちゃめちゃ感動した。2か月フルに世話してここまできたって思った。いろんな苦労が報われた瞬間。この穏やかな表情の彼女が素の彼女だったと思う。

 

広告を非表示にする

大好きな馬 ハル

今まで2か月以上世話した馬が何頭くらいになるのかな~と思って数えてみたら、たぶん、60頭ぐらい。何らかの形で、関わった馬はもっといる。

 

その中で特に大好きな馬について、書きたい。

  

名前:ハル

ヨナグニウマ

 

若いころ、脱走しようとして、鬼番線(針金のちくちくした柵)に目を引っかけて今でも目の周りの肉が少し引きつれたような感じになっている。

皮膚病があり、季節によっては体を掻きむしって血だらけだったりするので、初めて見た人は、たいてい「かわいそうに」って感じだった。

  

ところが本人は、発情の時に何度も脱走してオスのところに行って、子供を作る常習犯で、若い時からそれで何頭も子供を産んでた。

スタッフの努力もむなしく、発情のたびに脱走し、夜中にものすごい興奮状態の男子校

(オスだけの群れの放牧地)に、抜け出したハルちゃんを回収しに行った時、異様な雰囲気の中、本人だけは「うふふっ」って感じだった(私の変な印象☺)。

 

ハルちゃんは最高にセクシー子なんだなって思った。あるスタッフがハルちゃんは、マリリンモンローのイメージだって言ってた。

それを聞いて、ほんとピッタリって思った。

ハルちゃんはマリリンモンロー。

見た目は目の引き連れた若干お岩さんっぽい感じかもしれないけど、私の目にはいつも最高に美しくセクシーなマリリンモンローのイメージに重なって見えた。

 

夏の暑い昼下がり、痒がるハルちゃんを手で掻いていて(ハルちゃんはいつも気持ちよさそうにしてた)疲れたと思って、馬房の前に寝転んで寝てたら、首を伸ばして私のおなかを、ちょびっと噛んで起こしてきた。びっくりして飛び起きたら、「もっと掻いて!」って感じで私のことを見てた。

 

初めて馬房の隣で寝る経験ができたのも、ハルちゃんの隣でだった。皮膚病が悪化するじめじめする季節にハルちゃんが馬房に移ってきて、隣の馬房にキャンプ用テントを置いて何日も一緒に寝てた。 ハルちゃんは特に気にしている様子もなく、普通だった。馬って夜も食べるんだな~って初めて知った。そこで、モンゴルで乾燥した馬糞を蚊よけに使うって聞いて、実際にやってみたり。(効果は、まああったんじゃないかと思う。でも蚊取り線香みたいにずっと火がついていないので、何度も火を点けるのに起きないといけなかった。)

 

ハルちゃんは海が大好き。

放牧地から海へ連れていくときは、ぐいぐい引っ張って、海についたら、自分から海に入っていった。

海に入ったら後ろ足2本を浮かせて、ぷかぷかして、ハルちゃんはぷかぷかを全身で楽しんでた。まるでハルちゃんの笑い声が聞こえてくるようだった。

 

見た目から初めての人に「かわいそう」って思われても、本人は全然「かわいそう」な性格をしていなかった。それが本当に素敵だった。

ハルの強烈な個性をみて、まったくの馬素人の私が馬のいきいきとした感情や、個性を感じることができた。

見た目が傷だらけだったり、蹄や目や皮膚やいろんなところに問題があっても、それを圧倒的に上回る魅力があった。

 

 人間と同じようにそれぞれの馬がまったく違う個性があって、そういう違いが本当に面白い。そしてハルちゃん自体が面白い。そういうことを教えてくれた馬でした。

 

 ↓ハルちゃん。いつもこうやって人に寄って来てたな~

f:id:yukieiwaki:20170730130211j:plain

 

広告を非表示にする

在宅の仕事探しに使ったサイト

在宅の仕事を探しのために使ったサイト

 

*翻訳者ディレクトリ 

https://www.translator.jp/job/key_list_job.cgi?key=17

ちなみに私は、翻訳経験0ですが、このサイトで翻訳ではない在宅の仕事を見つけました。見てみる価値あり。

 

*Forbes top 100 companies offering remote jobs

リストにある会社のウェブサイトを一つづつチェックしていき、

条件の合う仕事があるか探してました。

 

*Flexjobs

日本語ができるでソートしたりして、仕事さがしましたが、有料なのでとりあえず上記2つのサイトを先にチェックしてました。でも仕事はたくさんありそう。

 

*Upwork

www.upwork.com

フリーランサーとして登録して仕事を得ることができるよう。

 

他にも日本語サイトで、ランサーズや、クラウドワークスがあるけど、私には合わず使いませんでした。

 

実際やってみて思ったのは、思った以上に仕事を得るのに時間がかかるということ。あたりまえだけど、自分がお金を支払ってもらうだけのスキルを持っていないとだめだということ。そして、そのスキルを身につけるのにも時間がかかるため、ある程度の助走期間を持たせるだけの貯金なり、仕事なりが必要ってこと。

でも不可能なことではないということ。

 

 

#リモートワーク#在宅#デジタルノマド#フリーランス#テレワーク

 

 

↓すごい!!かっこいい!

f:id:yukieiwaki:20170729220202g:plain

 

馬を続けるために

与那国島、カナダの田舎、北海道と馬のたくさんいるところに行ってみて思ったのは、仕事がない。

でも馬を続けるために、お金を稼ぎ続けないと。

そうでないと燃料切れしていづれ、どこかの時点で停止して、馬から離れるしかなくなってしまう。

 

そこで、いろいろ考えて、2017年9月か10月、カナダへ再度行くために、在宅、オンラインでできる仕事を探していました。

 

探し始めて1か月、仕事をゲットできたので、その時にやったこと、使ったサイトなどを次の記事にまとめたいと思う。

 

 

広告を非表示にする

馬の面白さって

 

人それぞれ、馬の何に惹かれているかは違うんだなと最近よく思う。

それでいいんだと思う。

 

ちなみに私の馬をやっていて楽しい瞬間は以下の通り。

 

・スクラッチして鼻の下が伸びて馬の顔が面白い顔になる時。

・新しい放牧地放した時、興奮して群れで、走り回るのを見る時。馬の笑い声が聞こえてきそうな時。

・2か月毎日世話をして、やっと少し顔を触らせてくれた時。

・上の同じ馬に触れる範囲が少しづつ増えていった時。

(でも少しでも気に入らない触り方をするとかむふりで威嚇)

・上の同じ馬の噛むふりが実は威嚇で本当は噛まないんだと分かった時。

・上の同じ馬がいつも同じ時間に私を待っていた時

・私が馬に間違ったことをして、次の瞬間に馬が恨みに思っていないことが分かった時。

・馬に乗って走った時。

・群れの力関係や仲の良い馬同士の関係を見る時

・野生馬を見る時

・馬がリラックスして私と時間を共有してくれた時

・それぞれの馬の個性、可愛くて笑わせてくれるところ

 

 

たくさんありすぎて書ききれない。。

でも書いていて思ったのは、私は何かに気づかされる瞬間、面白いと思っているんだな。馬と一緒にいると、そんな気づきが多くて、それが楽しいんだ。

広告を非表示にする

対極のふたつの物の間でバランスをとること

馬は自信がなく、おどおどしている人を信頼しない。かといって過剰に自信があって、強引に従わせようとする人のことも信頼していない気がする。

 

直線の片方が、「自信がない状態」で

もう片方が、「自信過剰の状態」で

その中間のどこかの位置に、馬を引き付ける本物のリーダーシップがある気がする。

 

馬と一緒にいるときは、いつもリーダーシップのことを考えている。

どうすれば、馬に信頼してもらえるのか?どうすれば、馬に安心してもらえるのか?

 

私はどちらかというと、いつも自信がない方に傾きがちで、馬と一緒にいると、それが自然に矯正されていくような気がする。だって馬がそんな人を認めないから。

自分の中の母性と父性のどちらかに過剰に傾かないように、

馬が私にバランスをとらせる。

 

そういうことに気づいてからは、普段の生活の中でも、両極にあるものの間でバランスをとることを考えるようになった。

 

馬っていろんなことを教えてくれるね。

馬を通して見る自分自身

たまに、馬を鏡のようだと思うときがある。

 

例えば、私は小さいときから、内気でシャイな性格で、何かを主張するのが苦手だったりする。

前は馬を引いていて、馬がまるで地に足が生えたようにピタっと止まって動いてくれない時、私はしょっちゅう、まあ、いいか、もう少し待とうって感じになっていた。

無理に動かさなくてもいいや、って感じで。

そういうのは、他の場面でも、しょっちゅうそんな感じだった。

馬の主張と私の主張がぶつかったとき、私が折れていた。

まあ、いいや、馬(彼or彼女)がそうしたいなら。

それが私だった。

馬という鏡にうつる、主張できない自分自身を発見したんだ。

 

でも、すぐに気づいたのはそれをやっていると何もできないということ。

そして、そういうことを許すことはまず私自身を危険な状況に置くことだし、馬と関係を築くこともできないし、何より馬のために良くない。

 

私は主張しなきゃいけないと思った。

 

馬は、自分自身を見る鏡だと思う。

自分すら気づいていなかった、自分自身を発見することがある。

 

馬が私に、内気すぎて主張できない自分と自信過剰で主張しすぎる自分の間でバランスを取る大切さを教えてくれる。