Beautiful Wild Soul

東京で働いていたところから、偶然、馬を知り仕事を辞め馬を追いかけ点々とする日々に。東京(12年)→与那国島(1年)→カナダ(半年)→北海道(3か月)→St Vincentへ!(今ココ)

対極のふたつの物の間でバランスをとること

馬は自信がなく、おどおどしている人を信頼しない。かといって過剰に自信があって、強引に従わせようとする人のことも信頼していない気がする。

 

直線の片方が、「自信がない状態」で

もう片方が、「自信過剰の状態」で

その中間のどこかの位置に、馬を引き付ける本物のリーダーシップがある気がする。

 

馬と一緒にいるときは、いつもリーダーシップのことを考えている。

どうすれば、馬に信頼してもらえるのか?どうすれば、馬に安心してもらえるのか?

 

私はどちらかというと、いつも自信がない方に傾きがちで、馬と一緒にいると、それが自然に矯正されていくような気がする。だって馬がそんな人を認めないから。

自分の中の母性と父性のどちらかに過剰に傾かないように、

馬が私にバランスをとらせる。

 

そういうことに気づいてからは、普段の生活の中でも、両極にあるものの間でバランスをとることを考えるようになった。

 

馬っていろんなことを教えてくれるね。