Beautiful Wild Soul

東京で働いていたところから、偶然、馬を知り仕事を辞め馬を追いかけ点々とする日々に。東京(12年)→与那国島(1年)→カナダ(半年)→北海道(3か月)→St Vincentへ!(今ココ)

馬の面白さって

 

人それぞれ、馬の何に惹かれているかは違うんだなと最近よく思う。

それでいいんだと思う。

 

ちなみに私の馬をやっていて楽しい瞬間は以下の通り。

 

・スクラッチして鼻の下が伸びて馬の顔が面白い顔になる時。

・新しい放牧地放した時、興奮して群れで、走り回るのを見る時。馬の笑い声が聞こえてきそうな時。

・2か月毎日世話をして、やっと少し顔を触らせてくれた時。

・上の同じ馬に触れる範囲が少しづつ増えていった時。

(でも少しでも気に入らない触り方をするとかむふりで威嚇)

・上の同じ馬の噛むふりが実は威嚇で本当は噛まないんだと分かった時。

・上の同じ馬がいつも同じ時間に私を待っていた時

・私が馬に間違ったことをして、次の瞬間に馬が恨みに思っていないことが分かった時。

・馬に乗って走った時。

・群れの力関係や仲の良い馬同士の関係を見る時

・野生馬を見る時

・馬がリラックスして私と時間を共有してくれた時

・それぞれの馬の個性、可愛くて笑わせてくれるところ

 

 

たくさんありすぎて書ききれない。。

でも書いていて思ったのは、私は何かに気づかされる瞬間、面白いと思っているんだな。馬と一緒にいると、そんな気づきが多くて、それが楽しいんだ。