Beautiful Wild Soul

東京で働いていたところから、偶然、馬を知り仕事を辞め馬を追いかけ点々とする日々に。東京(12年)→与那国島(1年)→カナダ(半年)→北海道(3か月)→St Vincentへ!(今ココ)Liberty Trainingを学ぶため馬の学校の研修生に。#LibertyTraining #CarolynResnickMethod #StVincent #HorseSchool #WorkingStudent

St Vincent! Day 95

オランダから馬の調教師の女の子が来た。フラン(オランダ出身)。

スティナ(私のここでの馬の先生)はジャックとエレナを再度調教し、子供が乗馬できるようにしたいとのこと。

以前、JackとElenaはStinaが乗馬していたらしい。どれぐらいの頻度でどれくらい前に乗っていたのかは不明。

 

ウニのとげが刺さってから歩けず馬に会うことが出来なかったけど、頑張ってかかとを着いて歩いて簡易椅子をもって休み休み、フランと一緒に放牧地に行ってみた。

2週間ぶりに4頭に会った。

会えてうれしかった!!!!!

会えなかった2週間の間に、エレナの足に見たことのない鬼番線で引っかけたような傷跡があり、既に治りかけていた。

AyitiもKadooも元気そうにしていた。Magicは相変わらず、一番最初に私に気づいて近寄ってきた。

動くことが出来ず、ただいすに座っているだけだったけど、4頭は私がいる間はずっと私のそばにいた。ただそれだけのことが、うれしかった。

 

フランと話していると、本当にまだ帰りたくないと思った。正直、歩けないため、帰国を考えていた。

オランダでは本当にたくさんの人が馬を飼っているよと言っていた。馬を飼っている人は、馬をどう利用しているの?乗るために飼っているの?って聞いたら、ただ、広い土地があるから、馬でも飼おうかなって感じじゃないかなって言ってて、いいなー、ものすごい贅沢だな、それって私には夢の暮らしだよって思った。

ビデオを見せてもらったら、本当にものすごい、ものすごい、ものすごい、広い土地にとても美しい大きな、大きな馬が群れで自由に暮らしていて、本当に美しかった。行ってみたいと思った。何となく、私は次はヨーロッパに行くのかなと思った。

 

#jack

#kadoo