Beautiful Wild Soul

東京で働いていたところから、偶然、馬を知り仕事を辞め馬を追いかけ点々とする日々に。東京(12年)→与那国島(1年)→カナダ(半年)→北海道(3か月)→St Vincentへ!(今ココ)Liberty Trainingを学ぶため馬の学校の研修生に。#LibertyTraining #CarolynResnickMethod #StVincent #HorseSchool #WorkingStudent

St Vincent! Day 130

ここに来てすごく、びっくりしたことの一つに、馬がいつも人と何かしたいと思っていることだった。

ここに来る前は馬と何かしようとするとき、馬の集中力がきれていつも「もっと集中して!」みたいなことを馬に言っていたような気がする。

ここの馬は違う。集中力どころか、いつも何をするの!?って感じでこっちを見ている。馬がいつも人と一緒に何かしたいっていう気持ちを持っているって本当にすごいことだと思う。

 

どうしたら、そういう馬になるのか?

 

馬は楽しみたいと思っている。

楽しいことがしたいと思っている。

 

馬にとって楽しいように仕組むことが大切だ。だからここでやっていることはすべて、トレーニングではなく、ゲームだ。

 

どうやったら馬にとって楽しくなるのか。

 

例えばロープを使わずにフリーの馬とcompanion walkingがしたいとする。放牧地の中でいろんな場所にグワバやマンゴーを隠しておいて、そこまでロープを使わずに馬を連れていく。これは群れのリーダーが群れを、食べ物のある場所まで連れていく行為をミミックしている。ついてきたらおいしいものが食べられる。馬はすぐにゲームを理解して、自らゲームしようとする。

 

ゲームとご褒美。これがwaterholl ritualsでは使われる。

そして、人の馬とのかかわりを心の底から楽しむ姿勢。これがまず一番最初にないと何も始まらない。

その瞬間、その時を馬と100%一緒に楽しむ姿勢。

ゲームとご褒美で馬の楽しみたい積極的な気持ちを引き出し、ご褒美があることで、いつもポジティブな印象を残して終わることができる。飽きたり、つまらなくならないよう、いつも工夫が必要だ。同じことの繰り返しは、つまらない。

馬との会話し、dialogとflexibilityはいつも必要だ。

 

https://www.instagram.com/p/BfS4XY9AJ5i/

Instagram post by Yukie • Feb 17, 2018 at 10:48am UTC

 

Instagram post by Yukie • Feb 16, 2018 at 1:31pm UTC