Beautiful Wild Soul

東京で働いていたところから、偶然、馬を知り仕事を辞め馬を追いかけ点々とする日々に。東京(12年)→与那国島(1年)→カナダ(半年)→北海道(3か月)→St Vincentへ!(今ココ)Liberty Trainingを学ぶため馬の学校の研修生に。#LibertyTraining #CarolynResnickMethod #StVincent #HorseSchool #WorkingStudent

St Vincent! Day 170

私がここに滞在した6か月間で、Ayitiは劇的に変化した。

当初は本当に野生馬のような感じで、近寄れない、触れない、私はされたことがないけどスティナはAyitiに蹴られそうになったり、私も噛もうとされたりは何度もあったし、耳を倒して怒り、怒りというか恐怖/警戒だったのかな、の表情がしょっちゅう。

極端に痩せていて、蹄が伸びすぎていた。

伸びすぎの蹄の影響か、歩き方がへんでフリーに体を動かせていないかんじだった。毛つやがなく、皮膚がたるんでいた。

 

今は、体重は劇的に増えた。

足をあげさせられないので削蹄はまだできないけど、自然にたくさん歩くよう工夫をしたり(フルーツを放牧地に広くばらまいて探して歩き回るようにする)、地面の固い放牧地にメインで滞在するようにして自然に削れるよう、放牧地の移動を多くしたりとにかく歩かせ動かす設定をいつも工夫している。

これで本当に蹄は自然に削れていった。1.5から2センチくらいは削れたんじゃないかと思う。完璧には程遠いけど劇的に改善した。

皮膚はまだたるんでいるところがあるけど、毛つやが出てずっと健康そうに見える。

歩き方も改善した。

 

一番変化したのはやっぱり内面だと思う。

いつも恐怖か警戒か、攻撃の表情だったのが、落ち着いて、私と一緒にいてもリラックスした表情でいるようになった。

瞬きがゆっくりになり、頭が下がっている。表情がおだやかで口の周りもリラックスしている。

私がそばにいても警戒や恐怖はしていない。

 

正直、何もしていないのになぜそんなに怒るんだ!?って思った時もあったし、やり合うことに疲れて何もしたくない時もあった。

でもそれであたりまえなんだと思う。そういう時は馬に何もしないことだ。

振り返れば楽しかったことばかりが思い浮かぶ。

これからは、もう餓えることも死ぬほどのどが渇くことも永遠のような長い時間繋がれることもないだろう。きっともう子供を産むこともない。彼女は良き人の手の中にあり、これからは楽しいことがいっぱいだ。

これからの彼女がどうなっていくか、私は見ることができないけど、とても楽しみな気持ちでいっぱいだ。

 

#ayiti#kadoo#sunset

#kadoo

Guava is in season ! They are happy in the guava field. #ayiti#kadoo#elena#magic